住まい・インテリア

子育て支援のマンションが人気

なかなか売れずに厳しいマンション市場の中で、バカ売れているマンションがあるらしい。

“子育て支援”の認定付きマンションだ。

このマンションは、「小中学校が近い」「病院が近くにある」「防犯態勢がしっかりしている」などといった基準を元に、自治体や民間機関が独自に認定を与えたもの。

都内では墨田区、世田谷区、新宿区などが導入、関西でも大阪市や神戸市などが実施している。

民間では、子供服のミキハウスの関連会社が「子育てにやさしい住まいと環境」認定を06年からスタートさせているが、ここ最近、この“お墨つき”欲しさに、多くのマンション業者からの認定申請が後を絶たないのだという。

「認定を希望するマンション業者は、昨年の今ごろに比べ倍増しています。業者からは、『お客さんが何割か増えた』とか、『購入の決定要因のひとつになったというお客さんもいた』という話を聞いています。認定をチラシやホームページでアピールしているところも多いですよ」(ミキハウス子育て総研の藤田洋社長)

 マンションを魅力的に見せるため、業者が目を付けたのは“高付加価値”だ。認定を得ることで、赤字覚悟で価格を値下げすることもなく、客にアピールできる。ミキハウスでは、独自の100項目のうち60点以上の物件を子育て支援マンションに認定。現在、分譲、賃貸、一戸建て合わせて225物件(1万3000戸)を認定している。

マンション業界の"子育て支援"の“認定ブーム”は、しばらく続きそうだ。

子育てしている世代とマンションが欲しい年代とは一致する場合が多く、ニーズが多い。それに注目したマンション業界はすばらしいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

省コスト・上質住宅

地元工務店を加盟店とし、全国にFC網を拡げ、地域に密着した地元工務店のきめ細かなサービスと全国チェーンならではのスケールメリットを同時に活かし、省コストながら上質の住宅を提供しています。

ユニバーサルホームでは、提供する住宅を「省コスト・上質住宅」と呼んでいる。この言葉には、価格を抑えるだけの「低コスト」ではなく、リーズナブルな価格でありながら高い品質をもった「省コスト」を追求する同社の目指す家づくりの思いが込められている。それでは、どのように「省コスト・上質住宅」を具現化しているのだろうか。

現在の住宅市場が抱えている諸問題をチェックし、本来、家づくりにあるべきプロセスを総合的に検証することにより、企画・販売・施工・流通の全プロセスにおける人や物の流れを徹底的に合理化。家づくりにおける中間マージンやムダな経費を排除し、建築費用を従来の約半分に抑えながら、同時に常に高水準の品質を変わらず維持することをも実現しているのが、ユニバーサルホーム独自のFC(フランチャイズ)システムである。

| | コメント (0)

合理的な住宅建設

資材や設備の大量購入と、独自の流通システムの構築により、ムダを省いた合理的な住宅建設を実現。「木造住宅合理化システム認定工法」である「メタルウィング工法」や「RIV工法」を採用した高品質住宅である上、充実の標準仕様を導入するなど、優れたコストパフォーマンスを確立している。また坪単価30万円台前半を実現する「アリエ」をはじめ、多彩な商品構成とプランニングシステムにより、予算に合わせた住まいを実現する

| | コメント (0)

工務店での家づくり5STEP

家づくりの進め方は、工務店でもハウスメーカーでも基本的にはほとんど変わらない。

複数の依頼先候補があれば、同じ条件でラフプランと概算見積もりを出してもらい、比較検討をする。

1社に絞ったらプランの詳細を詰め、実施設計と詳細見積もりを出してもらい、契約、着工…と進んでいくのが一般的だ。費用も依頼先にもよるが、着工時に「着手金」、上棟時に「中間金」、竣工時に「最終金(残金)」と大きく3回に分けて支払うことが多い。家づくりの進め方、費用とも、依頼先会社によって異なるので、詳しいことは事前に確認してから進めよう。

<<家づくりの5STEP>>

■STEP1

「どんな家を建てたいのか?」を家族で話し合う。雑誌やネットなどを使って情報収集したり、住宅展示場に見学へ。

また、収入に応じて土地・建物の総予算を決め、ローン返済額など資金計画も検討

■STEP2

土地と建築依頼先を同時に探し始める。数社にプラン・相見積もりを依頼し、1社に絞り込む。実施設計・詳細見積もりが完成。融資を申し込む

■STEP3

工務店と契約を結び、建築確認申請の手続きを行なう。申請受理後、地鎮祭を行い、家づくりの無事を工事関係者で祈る

■STEP4

いよいよ、着工!

土工事→基礎工事→棟上げ→断熱工事→設備工事→仕上げ工事→外構工事と進められていく

■STEP5

建物が完成したら、施主立ち会いのもと、竣工検査を行い、その後引き渡しを受ける。不動産登記完了後、住宅ローン融資実行。月々の返済が始まる。工務店とは定期点検・アフターサービスなどで付き合いはまだまだ続く

| | コメント (0)

桧家住宅の評判

桧家住宅は、創立以来「最高品質の住宅を最低価格で提供する」ことを経営理念として、木造在来軸組工法に取り組む注文住宅の建築会社である。「100年愛される住まいづくり」がスローガン&社会的使命だ。堅牢・居住・安全性能にこだわり、本物の木造建築技術を余すところなく生かしている。人と環境にやさしく「温もり」にあふれた、心から喜ばれる住まいづくりを実践する名証第二部上場のハウスメーカーで、評判は上々のようだ。。

桧家住宅は、1988年の創立以来、合言葉=経営理念として、木造在来軸組工法による注文住宅建築を営んできた。昨今の経済低迷とともに建築業界も競争が激化し、くわえてお客様ニーズも多様化・高度化している。このような状況下、桧家住宅の社員は顧客満足度の高い家づくりに情熱を傾け取り組んでいる。その成果もあり昨年度は、名証第二部に上場を果たした。なお上場で得た資金は、さらに上質なる住宅供給のための原資になる。

桧家住宅は巨額の広告販促費をかけない低コスト経営を行っている。それに掛かる費用を上質な資材や建築費の削減に役立てているのだ。そこでお客様との接点となるのが、関東圏各所にあるモデルハウス。しかも「多くのモデルハウスは、大きすぎて豪華すぎて現実味がない」という声を取り入れ、40坪という現実サイズがメインである。40坪って意外に広い、20帖のリビングって現実味があるねと、お客様には評判が良いらしい。

| | コメント (0)