« 桧家住宅の評判 | トップページ | 合理的な住宅建設 »

工務店での家づくり5STEP

家づくりの進め方は、工務店でもハウスメーカーでも基本的にはほとんど変わらない。

複数の依頼先候補があれば、同じ条件でラフプランと概算見積もりを出してもらい、比較検討をする。

1社に絞ったらプランの詳細を詰め、実施設計と詳細見積もりを出してもらい、契約、着工…と進んでいくのが一般的だ。費用も依頼先にもよるが、着工時に「着手金」、上棟時に「中間金」、竣工時に「最終金(残金)」と大きく3回に分けて支払うことが多い。家づくりの進め方、費用とも、依頼先会社によって異なるので、詳しいことは事前に確認してから進めよう。

<<家づくりの5STEP>>

■STEP1

「どんな家を建てたいのか?」を家族で話し合う。雑誌やネットなどを使って情報収集したり、住宅展示場に見学へ。

また、収入に応じて土地・建物の総予算を決め、ローン返済額など資金計画も検討

■STEP2

土地と建築依頼先を同時に探し始める。数社にプラン・相見積もりを依頼し、1社に絞り込む。実施設計・詳細見積もりが完成。融資を申し込む

■STEP3

工務店と契約を結び、建築確認申請の手続きを行なう。申請受理後、地鎮祭を行い、家づくりの無事を工事関係者で祈る

■STEP4

いよいよ、着工!

土工事→基礎工事→棟上げ→断熱工事→設備工事→仕上げ工事→外構工事と進められていく

■STEP5

建物が完成したら、施主立ち会いのもと、竣工検査を行い、その後引き渡しを受ける。不動産登記完了後、住宅ローン融資実行。月々の返済が始まる。工務店とは定期点検・アフターサービスなどで付き合いはまだまだ続く

|

« 桧家住宅の評判 | トップページ | 合理的な住宅建設 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。